【PHP】xdebugを設定する方法

Windows環境での設定。
いっつも忘れるので、サイトを徘徊して見つけるんじゃなくて、ひとまとめにしとこう。

xdebug ダウンロード先

 

[XDEBUG]
zend_extension="D:\php-5.6.5-nts-Win32-VC11-x86\ext\php_xdebug-2.2.7-5.6-vc11-nts.dll"
xdebug.remote_enable=on
xdebug.remote_handler=dbgp
xdebug.remote_host=localhost
xdebug.remote_port=9000
xdebug.show_local_vars=1
xdebug.dump_globals=1
xdebug.dump.SERVER=QUERY_STRING, REQUEST_URI
xdebug.dump.GET=*
xdebug.dump.POST=*
;xdebug.profiler_enable=1
;xdebug.profiler_output_dir="D:\php-5.6.5-nts-Win32-VC11-x86\tmp"
;xdebug.auto_trace=1
;xdebug.trace_output_dir="D:\php-5.6.5-nts-Win32-VC11-x86\tmp"

PHPのバージョン、スレッドモードを合わせたxdebugをダウンロードするのが前提。

zend_extension=xdebugのdllが存在するパス
xdebug.remote_enable=onでリモートデバッグ
xdebug.remote_handler=dbgpで固定
xdebug.remote_host=リモートホスト(ローカル開発は大抵localhost)
xdebug.remote_port=9000がデフォルトポート
xdebug.show_local_vars=1で変数の表示を行う
xdebug.dump_globals=1でグローバル変数の表示を行う
xdebug.dump.SERVER=QUERY_STRING, REQUEST_URI $_SEVER[“QUERY_STRING”]、$_SERVER[“REQUEST_URI”]のみ表示する
xdebug.dump.GET=*で$_GETの中身を全部表示する
xdebug.dump.POST=*で$_POSTの中身を全部表示する
;xdebug.profiler_enable=1でプロファイルを行う
;xdebug.profiler_output_dir=プロファイルの保存先ディレクトリ
;xdebug.auto_trace=1でトレースを行う
;xdebug.trace_output_dir=トレースの保存先ディレクトリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です