【vmware】起動タイミングをいじったりブートメニューやBIOS起動

vmwareで仮想OSを起動する際、BIOSをいじってブート順序を変更したかったりする場合、こんな感じにする。

【BIOSを起動させたい】
vmwareで仮想OSを起動した瞬間、仮想OSをクリックしてアクティブ状態にし、F2を押す。

【ブートメニューを起動させたい】
vmwareで仮想OSを起動した瞬間、仮想OSをクリックしてアクティブ状態にし、ESCを押す。

で、これが大変。起動が速すぎて、間に合わない。
そこで、vmxファイルに、必要に応じて以下を追加することで素敵になれる。

【ブートをnミリ秒待つ(例は5秒)】

bios.bootDelay = "5000"

【ブート時、必ずBIOSメニューを起動させる】

bios.forceSetupOnce = "TRUE"

正直、これに凄い助かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です