【自作ライブラリ】Metroit 0.0.0.1 rev104 に更新

Metroit 0.0.0.1 rev104を作成。
Metroit 0.0.0.1 rev104

 
開発環境
 WindowsXP SP3
 Visual Studio 2005 SP1
 .NET Framework 2.0
動作環境
 全環境において未確認です。
 とにかく.NET Framework 2.0~3.5は必須。
 Windows Vista, 7 未検証。x64環境未検証(多分動かない)。

 
コメントやバージョン履歴、ドキュメントが未整備だけど勘弁して下さい。
主な変更点は以下の通り。

 
MetTextBox
 ・Alt+キーによるイベント実行が行われなかったのを解消
 ・参照画面呼び出しプロパティのフォーム選択プルダウンを微調整
 ・参照画面呼び出しで利用されるリクエスト変数は、該当コントロールが存在する
  ユーザーコントロールからフォームにかけて探査し、見つかった場面の変数を利用するように修正
 ・入力可能文字列プロパティの実装
   ・全て許可、半角数字、全角数字、半角英字、全角英字、半角記号、全角記号、カスタム設定
   ・拒否する文字(カスタム設定時以外)
   ・許可する文字(カスタム設定時のみ)

MetNumericTextBox
 ・入力最大値が指定可能。
 ・入力最小値が指定可能。
 ・入力小数桁数が指定可能。
 ・マイナス符号の入力可否を指定可能。
 ・空値の可否が指定可能。

MetMessageBox
 ・アイコン、ウィンドウタイトルが固定化されたメッセージを出力します。
  複数人で思い思いに作ってて、出力内容がバラバラになるようなところ向け。

【注意事項】
MetTextBox
 参照画面設定ダイアログで、コンポーネント貼り付けなどが行われていないアセンブリ内に存在するフォームは
 アセンブリがロードされていない為、表示されてきません。(VisualStudioの限界らしい)
 一度コンポーネントを貼り付けてビルドするか、InitLayout()などで直接指定後にビルドすると読み込まれると
 思われます。
 その後、貼り付けたコンポーネント、もしくはコードを削除し、参照画面設定ダイアログにてフォームを選択して
 下さい。
 アセンブリのロードを要しない、初回のみ上記のようなことを行う必要があります。
 壊さない自信があるなら、InitializeComponent()に直接追記しても良いです。

MetNumericTextBox
 現在、貼り付け制御には未対応です。

Metroit.Windows.dllはMetroit.dllに依存するようになりました。
Metroit.dllはソリューション内に大量にディレクトリが存在しますが、ほぼ
作成されていません。
コンポーネント作成後に追々作成されていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です