Adobe Creative Cloudまた電話で聞いてみた

Adobe Creative Cloudは仮想OSにインストールしてもOK
こんなこと書いたけど、ちょっと違った。

 
実際に試してみたら、別に仮想OSにインストールしたからって、ホスト側に
インストールできないわけじゃないみたい。
まあインストールしたらライセンス違反になるのかもだけど。
正直、ゲストにインストールするならホストにインストールする必要もないしね。
 
あと色々電話で聞いてみた。
 
Q.毎度毎度ダウンロードするのが面倒なので、インストーラーを保存できない?
A.TEMPというフォルダに~←知ってます。そこまでは見つけて、
 インストール途中にファイルを全部バックアップしましたぜ。
 ああそうなんですか、と。
 正直それはやったことないです。
 もしどうしてもやりたいなら、体験版を体験版としてインストール後に
 ライセンス認証すればいいですぜ、と。
 でもアップデートもあるし、後々のことを考えて保持していたところで、
 あまり得策ではないとのこと。
 だるいかもだけど、毎度ダウンロードした方がいいよ、と。

Q.どのコンピュータにライセンス認証させたかわからんくなったらどうすんの?
A.ひたすらインストールしてライセンス認証を解除してみたりしてみろとのこと。
 そして2台が分かったら認証センター?に電話しろだってさ。
 正直、あんたがたのライセンスなんて知らんがな状態だそうだ。
 認証したコンピュータは自己管理しとけってことで、アカウントページなどから
 認証の解除もできない。
 だから、アプリケーションをアンインストールするなら、必ずライセンスの解除を
 した方がいいであろう。
 PC起動不能な時は、さっさと認証センターに電話すればいい。
 認証窓口
 だけど、日曜とか営業時間外に何とかしたい場合はどうすんだよこれ。

でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です